ラブラドライト(曹灰長石)

宇宙的な広がりを見せる気付きの石

石言葉

  • 思いつのる
  • 思慕

特徴

ラブラドライトは1770年にカナダのラブラドル沿岸のセントポール島で発見された石で、オーロラの光を閉じ込めたような美しく神秘的に輝きを放ちます。

まるで玉虫色のように輝くラブラドライトですが、その虹色の遊色効果を生み出す原因は結晶の特定の面と並行して金属鉱物の微薄層が並ぶことで、その層の境界で光分解が生じて虹色の光が見えるようになります。

現在ではラブラドライトというとこの虹色の光を持つものをイメージしますが、もともとラブラドライトが分類される曹灰長石は白の不透明なものか、黄色の透明な石を指します。

パワー(効果)

ラブラドライトの神秘的な輝きは宇宙の叡智を秘めたものと言われています。壮大な宇宙を思わせる神秘性を持ち、直観力や洞察力、創造性を高めてくれる石で、この石は顕在意識よりも、むしろ潜在意識や、もっと深い魂のレベルに強く働きかける石で、前世の記憶に触れ、今生での魂の目的に持つ人を近づけると言われています。

ラブラドライトはそこにある私達が見えていない真実を映し出す鏡のようなエネルギーを持ち、私達が流されないようにサポートしてくれます。

時にそれは一時的な現象としては辛いものかもしれませんが、持つ人が潜在的に抱える問題を顕在化させ、反面教師的な出来事を目の前に顕在化させることで、魂が真に求める方向へ導く教師のような石なのです。

ラブラドライトは品質によって大きく魅力が異なる石ですが、エネルギー的にオススメのものは多くの光の色を持ち、尚且つはっきりと色が出ているものが良いです。

エネルギーの特性

  • 前世の記憶にアクセスする
  • インスピレーション
  • 今生での目的に近づける
  • 想像力を高める
  • オーラのバランスを整える
  • 魂の学び
  • 潜在的な問題を顕在化させる

オススメの組み合わせ

  1. ロードクロサイトラリマー
  2. タンザナイト
  3. ムーンストーン
  4. アメジスト
  5. アイオライト
  6. クリソコラ
  7. アクアマリン
  8. オブシディアンモルダバイト
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク