ブルーカルセドニ(玉髄)

友人、恋人、親子との絆を強める

石言葉

  • 博愛
  • 隣人愛
  • 兄弟愛

特徴

珪酸を含んだ溶液から沈殿形成された微小な石英の集合体です。和名の玉髄は石の空洞部分がまるで骨髄のように見えることから名付けられました。アゲート(めのう)とカルセドニは生成過程、成分においてほとんど同じ石と言えますが、アゲートは様々な模様を持つのが特徴で、カルセドニは均一の単色のものを指しています。

カルセドニは形成過程から多孔質の特性があり、そこにイオンを含んだ溶液を浸透、加熱して着色を行い、市場に流通されてますが、ブルーカルセドニは着色せずに自然のままの柔らかい青みを帯びたものを指します。

天然の状態で発色の良いものは稀少な石です。

パワー

ブルーカルセドニは非常に穏やかなエネルギーを持つ石で人との結びつきを象徴する石です。形成過程において微小な石英が沈殿形成されていることに関係し、同様の成り立ちをもつアゲートやカルセドニのグループは全般的に人との関わりを強める働きをします。

その中でもブルーカルセドニやホワイトカルセドニなどの色の薄いものは最もその性質を強く持つようです。

クセの少ない石で他の石との相性も良く、上手く組み合わせることで、友人、恋人、親子に関わらず幅広い人間関係を円滑にし、縁を取り持ってくれる石です。

精神面においても癒しを発揮する石で、気持ちを楽にしてくれると言われています。

ホワイトカルセドニや、ピンクカルセドニも同様の効果を持ちますのでお好みで選ばれると良いと思います。

エネルギーの特性

  • 深く優しい癒し
  • 精神的緊張の緩和
  • 良好な人間関係
  • 精神に柔軟さをもたらす
  • 良縁を結ぶ
  • 人間関係の問題解決
  • 気持ちを軽くする
  • 楽天的になれるように導く

オススメの組み合わせ

  1. アマゾナイト
  2. ムーンストーン
  3. オブシディアン
  4. オブシディアン+アメジスト
  5. クリソプレーズ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク